アクセス  お問い合わせ  資料請求

学費・奨学金について


学費・学生寮費などの納入は年2回です。
学校が指定する期日までに納入していただきます。
前期分 : 入学手続時 (初年度、2年次以降は4月30日まで)
後期分 : 9月30日まで
納入金額は次の通りです。

 
学費等
入学金 280,000円
項目
前期分
後期分
年間
授業料

350,000円

350,000円

700,000円

実習教材費

64,800円

64,800円

129,600円

施設設備費

50,000円

50,000円

100,000円

校友会入会金

2,000円

-

2,000円

校友会費

6,000円

6,000円

12,000円

合計

472,800円

470,800円

943,600円

※実習教材費には消費税がかかりますので、消費税込みの金額を表示しています。
   (前期:60,000円+消費税4,800円、後期:60,000円+消費税4,800円)
※教科書・参考書・実習用諸用品具等は別途購入していただきます。(初年度約25万円)
※校友会費は、学生の自治活動及び福利厚生に使われます。
 
父母の会
項目
前期分
後期分
年間

会費

6,000円

6,000円

12,000円

※父母の会会費は、保護者相互の研修に使われます。会費は入学後別途集金します。
 
学生寮費等
項目
前期分
後期分
年間
学生寮費

180,000円

180,000円

360,000円

電気代 (年間)

40,000円

-

40,000円

食費

174,960円

218,160円

393,120円

合計

394,960円

398,160円

793,120円

※電気代については、各個人の使用量に応じて卒業時に精算します。
※上記食費には、長期休業中(夏・冬・春)は含まれません。
   長期休業中に食事をした分については別途請求いたします。
※食費には消費税がかかりますので、消費税込みの金額を表示しています。
   (前期:162,000円+消費税12,960円、後期:202,000円+消費税16,160円)
奨学金制度

本校には、独自の奨学金制度(菊池安治記念基金奨学制度)と日本学生支援機構のものがあります。
 いずれも貸与ですので、卒業後に貸与者本人が責任を持って返還していただきます。

菊池安治記念基金奨学制度
対象者

本校に在籍する全学生

出願期間

随時

人数

原則として1学年につき1名

貸与金額

年額授業料相当額(700,000円)
(半期分350,000円を前期と後期に貸与)

貸与期間

最長で1年生から4年生までの4年間
(年度毎に申し込みが必要)

返還方法

月賦、半年賦、年賦等

返還期間

貸与を受けた期間と同年数以内の期間
(最長4年)

返還開始時期

卒業して3か月経過後から開始

 
日本学生支援機構の奨学金制度

第一種奨学金(無利子)と第二種奨学金(有利子)があります。
いずれも在学採用(本校入学後の申込)と予約採用(本校入学前の申込)があります。
予約採用に関しては、高校を通じての申し込みとなりますので、現在通学している高校にお問い合わせ下さい。
また、家計支持者の失業・災害・病気等で家計が急変した場合は、緊急採用(無利子)・応急採用(有利子)の制度(随時受付)があります。
詳細は日本学生支援機構ホームページをご覧下さい。

種別

第一種奨学金(無利子)

第二種奨学金(有利子)

貸与金額
(月額)
自宅通学:53,000円
自宅外通学:60,000円
30,000円、50,000円、80,000円、100,000円、120,000円の中から希望する金額を選択。

募集時期
(在学定期採用)

毎年4月
(採用枠がない場合がある)
毎年4月
(追加採用を行う場合がある)

※上記奨学金制度以外にも、日本政策金融公庫(旧国民生活金融公庫)の「国の教育ローン」、銀行、信用金庫、農協等の  民間金融機関の教育ローンがあります。
詳しくは各窓口にお問い合わせ下さい。
(参考) 日本政策金融公庫(旧国民生活金融公庫) 「国の教育ローン」
入学時や在学中に必要となる資金を融資する公的な制度です。
 融資金額は学生1人につき300万円以内、返済期間は15年以内となっています。
(平成21年8月2日までは200万円以内、返済期間は10年以内)
詳細は日本政策金融公庫ホームページをご覧下さい。

 


学校法人富嶽学園 日本建築専門学校
〒418-0103 静岡県富士宮市上井出2730番地の5
TEL 0544-54-1541  FAX 0544-54-1405

Copyright © Institute of Traditional Japanese Architecture . All Rights Reserved