アクセス  お問い合わせ  資料請求

卒業生からのメッセージ
 
建築業界で活躍している本校卒業生を御紹介します。
 



リフォーム・建築全般
(会社経営)

山口弘人さん
(平成7年卒・5期生)

プロフィール
卒業後、東京の建築会社に新築現場監督として勤務した後、栃木県宇都宮市の家業「Dr.リフォーム・サンセイ」に入社。
2002年 テレビ東京「TVチャンピオン リフォーム王選手権」優勝。
2005年 プレイステーション2「マイホームをつくろう2!匠」出演。
現在、「Dr.リフォーム・サンセイ」社長。
取得資格:一級建築士・宅地建物取引主任者

「Dr.リフォーム・サンセイ」ホームページ
http://www.dr-reform.com/

―今の仕事の内容を教えてください。
住宅のリフォームが中心です。建築全般、インテリア設計企画・施工も手掛けています。リフォームの場合、新築とは違うお客様の「感動」がなんともいえませんっ!

―学生時代の思い出は?
「仲間」です。切磋琢磨し、絆を深めた4年間。バカもやりましたが、何ものにもかえ難い宝です。仲間と夜遅くまで製図室で図面を描き、翌朝誰よりも早く起きて、また製図室へ向かう。そんな生活が今の自分を作ってくれました。TVチャンピオン出演の際、自分の仕事を休んでまで快く、全国から大工の応援に駆けつけてくれた仲間も、その時一緒に頑張っていた同級生や先輩です。

―これから本校を目指す人に一言
私は特進クラスで大学を目指していましたが、大学では学べない木造建築をと決意し日本建築専門学校に入学しました。就職でもなく、大学でもない専門学校への道。一人で立って歩くだけが「自立」、一生その道で生きていくだけの自信を身に付けることが「自活」、「自立ではなく自活」が大切だと思います。

村上法和さん

大工・設計(工務店経営)

村上法和さん

(平成9年卒・7期生)

プロフィール
卒業後、4年間棟梁のもとで修業。その後、静岡県富士宮市で村上建築を起業。
取得資格:一級技能士・二級建築士

―今の仕事の内容を教えてください。
木造軸組在来工法で、地元の環境に合ったムクの木を使い、高気密・高断熱に頼らない、人に優しい家作りと他には負けない技術が売り物です。今年一級建築士に挑戦し、自ら設計し施工する、木がわかる建築家を目指しています。

―本校での授業が役立っていますか?
大工になるつもりだったので工法の授業が役立っています。設計は余計と思っていましたが、今は一級建築士を目指しており、やっていてよかったと思っています。

―これから本校を目指す人に一言
設計・施工両面の資格が取れることと、機械ではない昔ながらの手刻みの技術を学ぶことができます。また、木がわかるということは将来すごくプラスになります。

 

永松輝さん

設計(設計事務所経営)

永松輝さん

(平成7年卒・5期生)

プロフィール
卒業後、(財)京都伝統建築技術協会で寺社建築の保存修理に従事する。
2002年、京都府亀岡市で「一級建築士事務所 紺屋町建築設計事務所」を設立。
取得資格:一級建築士

―これから本校を目指す人に一言
本校は大工のための学校と認識されがちですが、むしろ将来設計者になる者にこそ必要な学校ではないかと思います。
木は生き物です。同じ木でも一本一本違う顔を持っています。机の上で本を何冊読んだとしても、本物の木を前にすれば樹種の判別すら難しいでしょう。大学の建築学科を卒業し、設計事務所に勤務すれば、木の本質に触れる機会はありません。
木の本質を知ること、たとえば木の匂いを嗅いだだけで樹種が分かる、といったことは、一級建築士の資格を取得し、一級建築士事務所を開設した今となって、大きな強みだと感じています。

 


学校法人富嶽学園 日本建築専門学校
〒418-0103 静岡県富士宮市上井出2730番地の5
TEL 0544-54-1541  FAX 0544-54-1405

Copyright © Institute of Traditional Japanese Architecture . All Rights Reserved